交通事故慰謝料.NAV

慰謝料について~交通事故~

はじめに~交通事故の後処理~

はじめに~交通事故の後処理~

警察による事故の調査が終わったあとには、事故の当事者間での話し合いが始まります。 この話し合いは交通事故の慰謝料をめぐる話し合いとなりますので、非常に重要なものです。このときには、ほとんどの場合、事故の処理に詳しい保険会社の担当者や、交通事故の事故の処理に経験のある弁護士または司法書士が代理で話し合いを行います。 もちろん当事者が自ら交渉にあたっても良いのですが、交渉の相手は民事の法律に精通しており、また過去に何件もの交通事故を処理した経験をもっているスペシャリストたちばかりなので、素人が互角に交渉をすすめるのは非常に難しいものがあります。できるだけこの分野に詳しい弁護士や司法書士等の代理を立てるほうが、慰謝料などの金額を最大限に引き上げることができます。 過去の交通事故の裁判における判例などによって、ほとんどの事故では責任の割合が明確になっているため、その責任割合に基づいて損害賠償金額が算出されます。

交通事故対応の専門家と迅速な解決を

実績のストリーミング

請求までの主な流れ

請求までの主な流れ

交通事故は、年間たくさん発生していますので、車を乗っている人なら、自分が加害者、被害者になってしまう可能性がありますし、車に乗っていなくても被害者になってしまうことがあります。 ほとんどの人が自動車損害保険に入っているので、相手や自分、公共の物を壊してしまった場合の物損事故や、人身事故でも修理や治療にかかった分は、加害者被害者それぞれの過失の割合に応じて、損害として保険がおります。 財産的な損害賠償は、実際に損害があった分以上には支払われることはありませんので、それとは別に、被害者は、交通事故の精神的な損害賠償として、交通事故の慰謝料を請求することができます。 慰謝料というのは、事故の被害で精神的に被った苦痛や、肉体的に損害をおった場合に相手に請求するもので、弁護士さんに頼んだほうがスムーズに話がすみます。 裁判になりますし、被害の度合いを証明したりしなければならないので交通事故にとても強い弁護士さんのプロに頼んだほうがいいです。

CONTENTS LIST